診療内容

当院について

初診の方へ

質で選ぶ保険外治療

クリニックブログ

サイトマップ

予約制

011-206-8241

Blog

ここは審美インプラントを受けられるクリニックです2019.10.30

こんにちは。

院長の湯口です。

今日はインプラント治療について、特に審美インプラント治療についてお話ししてみようと思います。

審美インプラントとは、「前歯のように目に触れやすい部位」へ、「ほとんど傷痕の残らない形」で、「天然の歯のような見た目のインプラント治療を行うこと」を指します。

よくインプラント治療をどこで受けたら良いか分からないというご指摘を患者さまから受けることがあるのですが、確かにどこで審美インプラントが受けられるのかは探すことも難しいかもしれません。

まず審美インプラントの絶対条件としては

  • 天然のキレイな歯のようなインプラントが入っている(上部構造)
  • 天然の歯の歯ぐきと同じくらいピンク色のキレイな歯ぐきがある(土台)

この2点が挙げられます。

初めの点に関しては、腕の良い歯科技工士さんとお仕事を常に行い、連携できる体制をとっておくことが必要になります。技工士さんのクセやこだわりを理解して適切な方に作製をお願いすることになります。

そして歯科医師としての腕が問われるのは実は次の点です。

インプラントの歯ぐきのマネージメントが、インプラント審美を左右すると言っても過言ではありません。

具体的には、歯ぐきの色、歯ぐきの高さ(隣の歯の歯ぐきとの高低差)、歯ぐきのボリュームというこの3つのコントロールになります。

そもそもインプラントを行うということは、抜歯が必要な部位があるということであり、抜歯をするとその歯の周囲の歯ぐきや骨は吸収してしまいます。

そうすると、歯ぐきの高さが隣の歯の歯ぐきの高さと差が出始めて(上の歯なら隣の歯より高くなり、下の歯なら隣の歯より低くなる)、見た目が悪くなってしまいます。

また、歯ぐきのボリュームも萎んでしまうので、モノが詰まりやすくなってしまったり見た目も悪くなってしまいます。

このように抜歯をしてインプラントに変えるだけで審美的にも機能的にもネガティブな変化が起きてしまうのです。

それを防止する目的で、審美インプラントには歯ぐきのマネージメントが必要になります。

それは、抜歯を行う前に歯の部分矯正を行ったり、抜歯をする際に非侵襲的に行ったり、インプラント手術の際には一緒に歯ぐきの移植をしたりというように、あらゆる分野に精通した歯科医師の戦略というものが必要になるということです。

つまりここが審美インプラントを行う上で歯科医師の腕の見せ所となるわけなんです。

 

今やどこの歯科医院にかかってもインプラントをすることは可能です。ですがその品質は均一ではありません。

まずはご自身の目で、その歯科医院で行われた審美インプラント治療症例を確認し、そしてその上で担当歯科医師と面と向かって治療内容について相談することが失敗しないコツかなと思います。

本当の審美歯科クリニックとは、ホワイトニングに頼ることでもなく、セラミックを作製する技工士さんに丸投げすることでもなく、キッチリと歯ぐきのマネージメントを行うことができる歯科医師のいるクリニックであると思います。

歯周病の手術が得意な歯科医師の方が審美インプラント治療は上手であるというのが私見です。

それはやはり歯ぐきのマネージメントをやり慣れているからでしょう。

単純にインプラントの埋入本数より、歯ぐきの手術の得意不得意を確認する方が重要視すべき点かもしれません。

 

さて来年2月にはOJ(オッセオインテグレーション・スタディクラブ・オブ・ジャパン)という日本一インプラント臨床レベルの高い歯科医師が集う学会があるのですが、そこで症例発表を行うことになりました!

当医院で行なった審美インプラント症例も発表する予定です。

さらに3月には歯周病治療の症例を、我が所属スタディクラブである5-D Japanが開催する年に一回の総会で発表することが決まっています!

そして4年に一度の「歯科医師のオリンピック」にも出場することになりました!!

この件に関しましてはまたいつかの機会にお話します。

来年は忙しくなりそうだな、と思いながら日々準備を進めています。

またの報告をご期待ください。

 

 

「この歯ぐきを見て」と言わんばかりの写真を撮ってみました。

ちなみにカメラのディフューザーも海外から輸入しました笑