診療内容

当院について

初診の方へ

質で選ぶ保険外治療

クリニックブログ

サイトマップ

予約制

011-206-8241

Treatments

歯周病治療

歯を失う原因で最も多いのが歯周病。最近の研究では、心臓血管疾病、糖尿病、早産などの原因にもなることが分かっています。しかし、歯周病は「沈黙の病気」とも呼ばれており、気付かないうちに症状が進行してしまいます。

    こんな症状はありませんか?

  • 歯茎が腫れている
  • 歯茎から血が出る
  • 歯茎を押すと膿が出る
  • 歯が前より長くなった気がする
  • 歯がぐらぐらする
  • 口臭がひどくなった

上記の症状がある方は歯周病になっているかもしれません。
当院では、検査から予防、治療まで行っておりますので、ぜひご相談ください。

当院の歯周病検査

歯垢(プラーク)・歯石の検査/歯周ポケット(歯と歯茎の間にある溝)の検査/歯の動揺・歯肉出血の検査/エックス線検査、根分岐部の検査/噛み合わせの検査、口腔内写真による検査(模型上の検査)/口臭の検査/歯ぎしりの検査

●費用(税抜) : 3,000円

歯周再生療法

歯周病でとけた骨の治療はこれまでずっと不可能だとされていました。近年になってようやく再生が可能になりましたが、そのためには長期間におよぶ計画プログラムの実行と精密な処置が必要です。当院では、他院で「抜歯しかない」と言われた方のご相談もお受けしています。

〈歯周再生療法前〉

〈歯周再生療法後〉

●治療内容 : 歯周組織再生療法、歯科用キシロカインカートリッジ1.8mlによる局所麻酔
●副作用・リスク : 術後疼痛・歯肉腫脹
●治療期間(回数) : 6ヶ月(6回)
●費用(税抜) : 100,000円 ※費用は範囲によって異なります

歯周形成外科

当院では、歯周病でやせてしまった歯茎の治療として、歯茎の移植を行なっています。歯茎が整うと、歯並びをきれいになる他、歯磨きもしやすくなり歯の健康維持に役立ちます。

●治療内容 : 歯周形成外科、歯科用キシロカインカートリッジ1.8mlによる局所麻酔
●目的 : 見た目の改善と歯の長期保存
●副作用・リスク : 術後疼痛・歯肉腫脹
●治療期間(回数) : 6ヶ月(6回)
●費用(税抜) : 100,000円 ※費用は範囲によって異なります

症例紹介

歯周形成外科 〈40代女性〉

口元から見える歯茎の量が多いのが気になっていた患者さまに対して、歯茎の形を整える処置を行いました。セラミック治療により、歯の色や形もきれいにしています。

●治療内容 : 歯周形成外科+セラミック修復6本、歯科用キシロカインカートリッジ1.8mlによる局所麻酔
●目的 : 保存困難歯を長期に残すこと
●副作用・リスク : 術後疼痛・知覚過敏
●治療期間(回数) :10ヶ月(10回)
●費用(税抜) : 940,000円(内訳/セラミック修復140,000円×6本、歯周形成外科100,000円 ※費用は範囲によって異なります)