診療科目

当院について

初診の方へ

質で選ぶ保険外治療

患者さまの体験談

クリニックブログ

サイトマップ

予約制

011-206-8241

Blog

歯ぐきから整える審美歯科2017.10.21

こんにちは。

院長の湯口です。

新しいHPではブログを書くことも更に楽しくなってきている今日この頃です笑。

 

さて今回のテーマはずばり「歯ぐきの審美治療」!

「審美歯科治療」と言うと皆さまがイメージされるのは、ホワイトニングやセラミック治療などの

歯そのものの美しさを追求するイメージが強いかもしれませんが、

ユアーズデンタルクリニックでは「歯ぐきの美しさ」まで追求しているんです☆

 

歯ぐきの美しさにも実は色々あるのですが、ここでお話するのは

「歯ぐきと歯のバランス」のことなんです。

実際のケースを見てみましょう。

 

 

術前の写真は、口元から見える歯ぐきの量が多いことを気にされ来院された患者さまです。

古い差し歯が入っている歯の根元も黒くなってしまっています。

 

歯ぐきの形を整える歯周形成外科を行い、

口元から見える歯ぐきの長さを整えています。

 

 

この写真は仮歯を装着した状態です。

まだ本格的なセラミック治療はこれから始めるのに、すでに美しく整った状態であることがお分かり頂けると思います。

仮歯の状態で「審美的」であれば、セラミックに置き換わった際にもっとキレイになるのは必然と言えます。

ただ、セラミックと一言で言っても、作製される技工士さんによって、クオリティが大きく異なることもお伝えしておかなければいけません。

一流の技工士さんが心血を注いで作製するセラミックは私たち歯科医師から見てももはや芸術品の域です。

 

つまりパートナーである技工士さんが作製するセラミックという「美しい構造物」が装着できるように、「歯ぐきのフレームワーク」を整えることこそ真の審美歯科治療における歯科医師の役割なんです。

それは天然の歯でもインプラント治療でも同じことです。

インプラント編はまたどこかでお話します。

日々、お口元の自然美を追求し治療を行っている歯医者の独り言でした☆

※ユアーズデンタルクリニックのHP・ブログ上で使用させて頂いている口腔内写真・レントゲン写真は全て患者さまの了解を得て掲載しております。