診療科目

当院について

初診の方へ

質で選ぶ保険外治療

患者さまの体験談

クリニックブログ

サイトマップ

予約制

011-206-8241

Blog

世界基準の歯周再生治療22017.06.13

こんにちは。
院長の湯口です。

先週末は東京で「5-D Japan アドバンスコース」
のセミナーを受けて来ました。

一日目は前回の続きで
Periodontal Plastic Surgeryの講義と実習でした。

「歯周形成外科(Periodontal Plastic Surgery)」とは、
歯周病歯を失ったことが原因となって
骨が溶けたり歯茎が減ってしまった方に対して行うオペの一種です。

世界でもトップクラスの技術を持った講師の先生方が、
ご自身の素晴らしい結果を受講生である私たちに提示しながら
講義と実習を進めて行きます。

図1:歯と歯の間の歯ぐきが下がってしまっている模型

図2:歯と歯の間の歯ぐきが埋まっていることに注目
(実際の口の中ではもっと細い糸を使用します)

このように様々なテクニックを駆使して
いわゆる難症例に立ち向かうことが可能になるんです!

そして2日目の内容は咬合学でした。

咬合学=「噛み合わせ」治療は
実は歯科医師にとって答えのない永遠のテーマなんです。

今回拝聴したのは、日本で唯一、
Robert L. Lee先生の咬合理論を
教えることを認められている先生の講義で、
札幌ではなかなか聞けない
とても興味深い内容でした。

「噛み合わせ」はとても大切。
審美歯科でも、歯周病治療でも、インプラント治療でも、
矯正治療においても、最後は「噛み合わせ」になります。

つまりどんなに素晴らしいオペをしても、
美しいセラミック治療を行っても、
「噛み合わせ」がしっかりしていないと長持ちしないんです!
「美しさ」だけではなく、「機能」も兼ね備えてこその
審美歯科治療ですからね。

 

とまあ難しいハナシはここまでにして・・

 

先週金曜日の仕事終わりに友人のYOSAKOIを見て来ました!

夜のススキノがYOSAKOIの舞台に!

一心不乱にダンス中♬

札幌は明日から北海道神宮祭が始まります☆

まだまだ北海道は寒暖差が激しいので
皆さま風邪など引かないようにして下さいね!